spot

遊行柳

 

   

「朽ち木の柳」「清水流れる柳」とも呼ばれ、植え継がれても育たない柳であった。現在の柳は何代目かはわからないが、植え継がれて樹齢450年である。

遊行柳は、祖一遍上人に始まる時宗の一九世尊酷上人が「文明元年(一四六九)丑年、白川へ通り玉ふに、此柳の邊りに道二筋あり、老翁出て舊路を導き申す、褒美に和歌を給ひけるに、有難し誠は我は柳の霊なりと、柳の蔭に消失す、此事を詠じたるなるべし、其事の有無は知らねども、此道二筋とあるは、東の方旗宿村古関道と今の大道白坂道の二筋ならん」(那須記)*文明3年(1471)と伝えられている。

老翁の歌に 

草も木も洩(も)れぬ御法(みのり)の聲(こえ)きけば朽果(くちは)てぬべき後もたのもし

上人返歌に 

思ひきや我法(のり)の会(え)にくる人は柳の蔭(かげ)にかくれぬとなん

尊酷上人の徳を柳の精との問答という形で表したものである。これが謡曲「遊行柳」(作者観世小次郎信光)として広く知られたところである。このことから、代々の上人は必ず、遊行柳を訪れ、一首の和歌を詠むことが慣わしとなっている。

所在地
〒329-3443 栃木県那須郡那須町芦野
交通アクセス

関連記事

旅籠40軒が立ち並んだ交通の要衝 芦野宿の歴史に触れる

  芦野城の築城は、天文年間(1532〜54)に太田道灌に師事した資興(すけおき)の築城とも、天正18年(1590)に秀吉によって領地の所有権を認められた盛泰(もりやす)によって築城されたともいわれています。本 […]

春の芦野 桜スポット5選

那須の里山芦野・伊王野。 東山道や奥州街道を行き交う人々によって古くから栄えた里山は、 往時から桜の名所として人々に親しまれてきました。 厳しい冬が終わり春を迎えると、里は一面桜色に染まります。 心地よい春の芦野で、満開 […]

那須のお殿様 芦野氏の足跡をたどる。

  芦野の名が最初に歴史に登場したのは、建長8年(1256年)のこと。当時、東山道に夜討強盗が出るため、鎌倉幕府から地域を管理する地頭に警護の命令が発せられました。この中のひとりに葦野地頭(あしのじとう)という […]

遊行柳 – 多くの歌が詠まれてきた歴史ある那須の名勝地 –

関東最北の宿場町として栄えた芦野は、奥州街道を行き交う旅人を受けて入れてきた里山です。 どこにでもありそうなこの田園地帯を特別な場所にしているのは、 1本の植え継がれてきた柳の木。 歌枕の地として広く知られるようになった […]

夏の夜空に咲く、大輪の花!芦野聖天花火大会

夏の風物詩として多くの人が訪れる芦野聖天花火大会。 毎年三光寺の縁日にあたる8月19日に開催されます。 今回、芦野聖天花火大会について、その歴史や特徴をご紹介いたします。 創業300年の歴史をもつうなぎの老舗、丁子屋さん […]

PageTop