特集

那須の里山芦野・伊王野。
東山道や奥州街道を行き交う人々によって古くから栄えた里山は、
往時から桜の名所として人々に親しまれてきました。
厳しい冬が終わり春を迎えると、里は一面桜色に染まります。
心地よい春の芦野で、満開の桜を全身で受けとめたい!
今回は、特におすすめしたい桜の名所をご紹介します。

桜

スポット1

約800本のソメイヨシノが山一面をサクラ色に染める

芦野御殿山公園

芦野を統治した芦野氏の居城であった、芦野御殿山公園。別名「桜ヶ城」とも呼ばれ、約800本のソメイヨシノが山肌をサクラ色に染めます。

詳細ページへ

山の急坂を登り切ると林立する桜の木に囲まれた平地に到着。眼下には田園風景、遠くに那須岳の望む原っぱにレジャーシートを広げ、のんびりお花見を楽しむことができます。夜間にはライトアップが行われ、往時を忍ばせる御殿山の風格が漂います。

スポット2

樹齢400年の風格漂う、武家屋敷のしだれ桜

武家屋敷のしだれ桜

旧奥州街道の宿場町、城下町としての面影を残すスポットとして有名な旧平久江家の武家屋敷。

詳細ページへ

門の上から覗くしだれ桜は、樹齢400年。長い年月を見守ってきた桜は、今年も春になると花を咲かせ、孤高の姿を垂れ下がった枝ぶりにみてとれます。夜にはライトアップもされるので、御殿山と一緒に夜桜を楽しめますよ。

スポット3

歌人の思いに身をゆだね、うららかな春を満喫

遊行柳

芦野の観光スポットとして多くの人が訪れる遊行柳。奥州街道を旅した歌人、松尾芭蕉が立ち寄り、句を詠んだことでも有名です。

詳細ページへ

春は柳の木に寄り添うように桜の木が彩を与え、田園を散策する人の旅情を、味わい深いものにしてくれます。近くには休憩所や遊行茶屋があり、お茶で一息つきながら桜を楽しむのもまた一興です。

スポット4

観音様が見えますか?岩肌と水面に映る桜の美が秀逸

堂の下の岩観音

芦野は古くから芦野石を採掘してきた歴史があり、切り立った岸壁が随所にみられます。

詳細ページへ

堂の下の岩観音は、石段の上の岩肌に観音様の姿が出現し、訪れた人の目を試してきます。春になると田植えを控えた手前の水面に桜が映りこみ、絵画のように計算された構図の妙を楽しむことができます。夜には中腹にある観音堂がライトアップされ、幽玄な世界を醸し出しています。

スポット5

山城で春の訪れを告げる花々と野鳥にふれる

霞ヶ城

鎌倉時代初期から約150年、伊王野氏の居城だった霞ヶ城。春にはカタクリ、椿、そして約80本の桜が咲き誇ります。

桜の季節になると、山の中腹では伊王野地区の伝統芸能である「千本杵餅つき」が行われ、つきたてのお餅が振る舞われます。こじんまりとした山頂からの眺めは、往時の栄華を忍ばせ、ほっこりとした気分に浸れます。

バックナンバー

那須のお殿様 芦野氏の足跡をたどる。

  芦野の名が最初に歴史に登場したのは、建長8年(1256年)のこと。当時、東山道に夜討強盗が出るため、鎌倉幕府から地域を管理する地頭に警護の命令が発せられました。この中のひとりに葦野地頭(あしのじとう)という […]

旅籠40軒が立ち並んだ交通の要衝 芦野宿の歴史に触れる

  芦野城の築城は、天文年間(1532〜54)に太田道灌に師事した資興(すけおき)の築城とも、天正18年(1590)に秀吉によって領地の所有権を認められた盛泰(もりやす)によって築城されたともいわれています。本 […]

夏の夜空に咲く、大輪の花!芦野聖天花火大会

夏の風物詩として多くの人が訪れる芦野聖天花火大会。 毎年三光寺の縁日にあたる8月19日に開催されます。 今回、芦野聖天花火大会について、その歴史や特徴をご紹介いたします。 創業300年の歴史をもつうなぎの老舗、丁子屋さん […]

三光寺

芦野の仲町通りにある真言宗のお寺、三光寺。ユニークな大根がクロスした仏紋を持ち、 地元から親しみを込めて聖天様と呼ばれています。 毎年縁日にあたる8月19日には盛大な「芦野聖天花火大会」が開催され、多くの人が訪れます。 […]

遊行柳 – 多くの歌が詠まれてきた歴史ある那須の名勝地 –

関東最北の宿場町として栄えた芦野は、奥州街道を行き交う旅人を受けて入れてきた里山です。 どこにでもありそうなこの田園地帯を特別な場所にしているのは、 1本の植え継がれてきた柳の木。 歌枕の地として広く知られるようになった […]

PageTop