spot

松本家・大島家

 

   

松本家と大島家が創垂可継(そうすいかけい・黒羽藩政記録書一八一七年)に、「同村平右衛門先祖は那須家の家人にして、戦国の時奥州境目のため警固七人を置かれし其の壱人にて、…中略…右七人の子孫といえるは高久覚左衛門、熊久保蔵之丞、同所平右衛門、板屋幾兵衛、寄居大島平左衛門、同所松本丈助、同所平久江源左衛門云々」とある。

『同寺子村熊久保蔵之丞先祖と五月女坂・関山合戦』に登場する同姓を列記すると、五月女坂合戦には、熊窪弥右衛門、松本のみ。関山合戦には伊王野勢として、熊窪弥右衛門、高久善右衛門、大島源六郎、沢口四郎兵衛、松本志摩、平久江儀左衛門の名前が見える。関山の戦いは、上杉の白河守備隊と伊王野氏の戦いであり、関ヶ原の戦いとほぼ日を同じくしている。慶長五年には、七人は既に黒羽藩領となっていたはずである。それにもかかわらず、七人は那須一族である伊王野の傘下として参戦している。この七人は、創垂可継が示すように江戸時代には黒羽藩の支配下に入り名主、問屋となるのである。

「原の七人」のうち、寄居に三人がいた。大島、松本、平久江の三人である。大島(通称上の大島という)は江戸時代になると名主・問屋として寄居町組(現大字寄居の区域)、松本は寄居西組(現大字豊原甲・乙・丙の区域)を支配した。現在も当時をしのぶ門構えが残っている。平久江は問屋格であったが途中闕所となり、その跡式を沢口四郎兵衛の子孫大島(大島と改姓、上の大島に対し、下の大島という)が買い受けた。三氏の子孫は現存し、系図を受け継いでいる。

所在地
〒329-3441 栃木県那須郡那須町寄居
交通アクセス

関連記事

那須のお殿様 芦野氏の足跡をたどる。

  芦野の名が最初に歴史に登場したのは、建長8年(1256年)のこと。当時、東山道に夜討強盗が出るため、鎌倉幕府から地域を管理する地頭に警護の命令が発せられました。この中のひとりに葦野地頭(あしのじとう)という […]

遊行柳 – 多くの歌が詠まれてきた歴史ある那須の名勝地 –

関東最北の宿場町として栄えた芦野は、奥州街道を行き交う旅人を受けて入れてきた里山です。 どこにでもありそうなこの田園地帯を特別な場所にしているのは、 1本の植え継がれてきた柳の木。 歌枕の地として広く知られるようになった […]

夏の夜空に咲く、大輪の花!芦野聖天花火大会

夏の風物詩として多くの人が訪れる芦野聖天花火大会。 毎年三光寺の縁日にあたる8月19日に開催されます。 今回、芦野聖天花火大会について、その歴史や特徴をご紹介いたします。 創業300年の歴史をもつうなぎの老舗、丁子屋さん […]

三光寺

芦野の仲町通りにある真言宗のお寺、三光寺。ユニークな大根がクロスした仏紋を持ち、 地元から親しみを込めて聖天様と呼ばれています。 毎年縁日にあたる8月19日には盛大な「芦野聖天花火大会」が開催され、多くの人が訪れます。 […]

春の芦野 桜スポット5選

那須の里山芦野・伊王野。 東山道や奥州街道を行き交う人々によって古くから栄えた里山は、 往時から桜の名所として人々に親しまれてきました。 厳しい冬が終わり春を迎えると、里は一面桜色に染まります。 心地よい春の芦野で、満開 […]

PageTop