spot

最勝院

 

米沢山最勝院金光峯寺という。曹洞宗である。芦野氏の旧菩提寺であった。当時の芦野家の墳墓は三王平(さんのうだいら・日枝神社を山王という。三王は山王のこと)の東方にある。

趣のある山門をくぐると十六羅漢像が出迎えてくれる。石段を上ると左側に自然石に彫られた歌碑がある。辞世の歌であろうか。「浮の世と何の岩間の苔の下朽連者(くちれば)も堂能(との)土と奈(な)るらん」佐橋氏邦秀とある。佐橋氏は「家中分限帳」享保三年資親の代に佐橋岡右衛門とあり、本人か、その一族かと思われるが、以後の記録には出てこない。

庫裏を改築した際、台石として使われていたもので、数百年ぶりに世に出たことになる。句碑に隣接して「恩師大塩精一郎先生之碑」「大塩三郎先生遺徳碑」が建つ。いずれも教え子たちによる建碑である。「阿州官軍 上田甚五右衛門内 塙祐七藤原好孝墓 慶応四辰年八月三日」の官修墳墓がある。

本堂左手奥は、芦野の旧家の墓地である。入口にひときわ大きな墓碑がある。芦野家重臣大塩家代々の墓である。

所在地
〒329-3443 栃木県那須郡那須町芦野2870
電話番号
0287-74-0037
交通アクセス

関連記事

三光寺

芦野の仲町通りにある真言宗のお寺、三光寺。ユニークな大根がクロスした仏紋を持ち、 地元から親しみを込めて聖天様と呼ばれています。 毎年縁日にあたる8月19日には盛大な「芦野聖天花火大会」が開催され、多くの人が訪れます。 […]

遊行柳 – 多くの歌が詠まれてきた歴史ある那須の名勝地 –

関東最北の宿場町として栄えた芦野は、奥州街道を行き交う旅人を受けて入れてきた里山です。 どこにでもありそうなこの田園地帯を特別な場所にしているのは、 1本の植え継がれてきた柳の木。 歌枕の地として広く知られるようになった […]

旅籠40軒が立ち並んだ交通の要衝 芦野宿の歴史に触れる

  芦野城の築城は、天文年間(1532〜54)に太田道灌に師事した資興(すけおき)の築城とも、天正18年(1590)に秀吉によって領地の所有権を認められた盛泰(もりやす)によって築城されたともいわれています。本 […]

那須のお殿様 芦野氏の足跡をたどる。

  芦野の名が最初に歴史に登場したのは、建長8年(1256年)のこと。当時、東山道に夜討強盗が出るため、鎌倉幕府から地域を管理する地頭に警護の命令が発せられました。この中のひとりに葦野地頭(あしのじとう)という […]

春の芦野 桜スポット5選

那須の里山芦野・伊王野。 東山道や奥州街道を行き交う人々によって古くから栄えた里山は、 往時から桜の名所として人々に親しまれてきました。 厳しい冬が終わり春を迎えると、里は一面桜色に染まります。 心地よい春の芦野で、満開 […]

PageTop