spot

飛倉山

 

岩観音から谷を挾んだ東に小高い山がある。飛倉山である。飛倉権現を祭ったとの記録があるが、南へ延びる山嶺は中世伊王野城へと通じている。

「とびくら」は伊王野城の「遠見の郭」からの転訛であるという。奥州道中分間延絵図には「鳶ノ曲輪龍蔵権現」とある。大字芦野と大字伊王野の境に位置する山である。麓に星の宮神社があったが、今は灯篭の残欠が数点残るだけで往時の面影はない。

古代東山道に関する説がある。東山道を駅路とし、伝路が国衙や郡衙を結んで存在したという。宇都宮市の飛山城址から発見された烽(とぶひ)の文字の書かれた土器に依拠する。伝達方法として烽火を用いたとする説で、この烽火を上げた場所が飛山や富山などの山であるとする。

この説に基づくと、東山道を伊王野谷に沿ったコースとし、黒川駅家が伊王野周辺に比定され、飛倉山はその近くにある。国道294号を北上し、山中と明神の中間にも飛山がある。これらの条件を踏まえれば、駅路としての東山道とは別に芦野谷を走る伝路が存在した可能性は高く、時代は古代まで遡ることもできるのである。

所在地
〒329-3443 栃木県那須郡那須町芦野

関連記事

春の芦野 桜スポット5選

那須の里山芦野・伊王野。 東山道や奥州街道を行き交う人々によって古くから栄えた里山は、 往時から桜の名所として人々に親しまれてきました。 厳しい冬が終わり春を迎えると、里は一面桜色に染まります。 心地よい春の芦野で、満開 […]

旅籠40軒が立ち並んだ交通の要衝 芦野宿の歴史に触れる

  芦野城の築城は、天文年間(1532〜54)に太田道灌に師事した資興(すけおき)の築城とも、天正18年(1590)に秀吉によって領地の所有権を認められた盛泰(もりやす)によって築城されたともいわれています。本 […]

夏の夜空に咲く、大輪の花!芦野聖天花火大会

夏の風物詩として多くの人が訪れる芦野聖天花火大会。 毎年三光寺の縁日にあたる8月19日に開催されます。 今回、芦野聖天花火大会について、その歴史や特徴をご紹介いたします。 創業300年の歴史をもつうなぎの老舗、丁子屋さん […]

遊行柳 – 多くの歌が詠まれてきた歴史ある那須の名勝地 –

関東最北の宿場町として栄えた芦野は、奥州街道を行き交う旅人を受けて入れてきた里山です。 どこにでもありそうなこの田園地帯を特別な場所にしているのは、 1本の植え継がれてきた柳の木。 歌枕の地として広く知られるようになった […]

三光寺

芦野の仲町通りにある真言宗のお寺、三光寺。ユニークな大根がクロスした仏紋を持ち、 地元から親しみを込めて聖天様と呼ばれています。 毎年縁日にあたる8月19日には盛大な「芦野聖天花火大会」が開催され、多くの人が訪れます。 […]

PageTop